machicoのプロフィール・出演作品・口コミ

machico

machicoのプロフィール

Machico(まちこ、1992年3月25日 – )は、日本の女性歌手、声優。広島県呉市出身。ホリプロインターナショナル所属。所属レーベルは日本コロムビア。本名は齊藤 真知子(さいとう まちこ)。
声優の山寺宏一を知ったことをきっかけに声優業を志す。2011年、ホリプロ主催の「第36回ホリプロタレントスカウトキャラバン 次世代声優アーティストオーディション」において、ファイナリストに残る。
2012年にminoriのPCゲーム『すぴぱら – Alice the magical conductor.』のメインテーマソング「Magical Happy Show!」でソロ歌手としてメジャーデビュー。2014年6月11日に1stアルバム『COLORS』を発売。同年10月10日に初のワンマンライブを目黒鹿鳴館にて開催した。
2015年4月8日には2ndアルバム『COLORSII -RML-』を発売。カバー曲に加えて初めて自身が作詞を手掛けたオリジナル曲を収録している。アルバムタイトルの「RML」には「R=Right M=Machico L=Left」という意味がある。また5月には同アルバムを引っ提げて東阪ライブツアーを開催した。
声優としては2013年にソーシャルゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ!』の伊吹翼役でデビューした。2015年には「聖剣使いの禁呪詠唱」のソフィア・メルテザッカー役として、テレビアニメでは初のレギュラーを演じる。
2013年10月からは同期で「次世代声優アーティストオーディション」のグランプリ・田所あずさ、ファイナリストである大橋彩香、木戸衣吹、山崎エリイらとアニメソング、ゲームソングのカバーライブイベント「Anisong Ichiban!! presented by HoriPro」を定期的に開催している。
2016年12月13日、公式サイトにてファンクラブ「ZO≒NA」が開設された。
2019年4月24日、アニメ『ライフル・イズ・ビューティフル』の公認インディーズユニット「ライフリング4」に小倉ひかり役として参加。
歌手として活動を始めた頃は周りから否定されるのが怖くてなるべく角が立たないように自分を飾っていたが、ラジオで共演した声優の岩田光央から「ありのままでいい」と言われ、それから服装やメイク、言葉遣いを自分の好きなようにやってみた。すると意外と周囲に受け入れられたので、2017年のインタビューでは「今思うと、あの頃の自分は何を悩んでいたのやら!という感じです(笑)」と振り返っている。昔から歌うのが好きであったが、それが職業となると不安ばかりであった。しかしホリプロの先輩であるMay’nのライブを何度か観賞しに行くうちに、自分を解放して歌う姿が非常に格好いいと痛感。ステージで閉鎖的であった自信を恥じ、これが自分のどういう部分を見せたらファンが喜ぶかを考えるきっかけになった。
MTの免許を所有し、田植機・コンバインの操縦ができる。
油っぽいラーメンを食べるのが自身独自の体調管理法。
絵をかくのが好きであるが「私は奇妙なものしか描けない」と技術的には落書き程度であると自認している。
父が板金塗装をしながらピンストライパーとして仕事をしていたことと母の字がきれいであったことに影響を受けたのか、書道を習っていないのにもかかわらず達筆である。
太字はメインキャラクター。
※はインターネット配信。
※はインターネット配信。
※はインターネット配信。
声優の山寺宏一を知ったことをきっかけに声優業を志す。2011年、ホリプロ主催の「第36回ホリプロタレントスカウトキャラバン 次世代声優アーティストオーディション」において、ファイナリストに残る。
2012年にminoriのPCゲーム『すぴぱら – Alice the magical conductor.』のメインテーマソング「Magical Happy Show!」でソロ歌手としてメジャーデビュー。2014年6月11日に1stアルバム『COLORS』を発売。同年10月10日に初のワンマンライブを目黒鹿鳴館にて開催した。
2015年4月8日には2ndアルバム『COLORSII -RML-』を発売。カバー曲に加えて初めて自身が作詞を手掛けたオリジナル曲を収録している。アルバムタイトルの「RML」には「R=Right M=Machico L=Left」という意味がある。また5月には同アルバムを引っ提げて東阪ライブツアーを開催した。
声優としては2013年にソーシャルゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ!』の伊吹翼役でデビューした。2015年には「聖剣使いの禁呪詠唱」のソフィア・メルテザッカー役として、テレビアニメでは初のレギュラーを演じる。
2013年10月からは同期で「次世代声優アーティストオーディション」のグランプリ・田所あずさ、ファイナリストである大橋彩香、木戸衣吹、山崎エリイらとアニメソング、ゲームソングのカバーライブイベント「Anisong Ichiban!! presented by HoriPro」を定期的に開催している。
2016年12月13日、公式サイトにてファンクラブ「ZO≒NA」が開設された。
2019年4月24日、アニメ『ライフル・イズ・ビューティフル』の公認インディーズユニット「ライフリング4」に小倉ひかり役として参加。
歌手として活動を始めた頃は周りから否定されるのが怖くてなるべく角が立たないように自分を飾っていたが、ラジオで共演した声優の岩田光央から「ありのままでいい」と言われ、それから服装やメイク、言葉遣いを自分の好きなようにやってみた。すると意外と周囲に受け入れられたので、2017年のインタビューでは「今思うと、あの頃の自分は何を悩んでいたのやら!という感じです(笑)」と振り返っている。昔から歌うのが好きであったが、それが職業となると不安ばかりであった。しかしホリプロの先輩であるMay’nのライブを何度か観賞しに行くうちに、自分を解放して歌う姿が非常に格好いいと痛感。ステージで閉鎖的であった自信を恥じ、これが自分のどういう部分を見せたらファンが喜ぶかを考えるきっかけになった。
MTの免許を所有し、田植機・コンバインの操縦ができる。
油っぽいラーメンを食べるのが自身独自の体調管理法。
絵をかくのが好きであるが「私は奇妙なものしか描けない」と技術的には落書き程度であると自認している。
父が板金塗装をしながらピンストライパーとして仕事をしていたことと母の字がきれいであったことに影響を受けたのか、書道を習っていないのにもかかわらず達筆である。

machicoの出演作品

machicoの画像

machicoの話題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です